海江田経営会計事務所 | 南九州【鹿児島・宮崎・熊本】の企業を応援します海江田経営会計事務所 南九州の企業を応援します

ブログ

所長ブログ

最新の記事

趣味はいるのか?―何もない人生と言われたとしても・・―Ⅰ

私には趣味がない

昔、税理士会の名簿に載せるのに「趣味」を書く欄があった。

大抵の先生は、読書、ゴルフ、散歩、ジョギング、山歩き、釣りといったものをあげておられた。

 

当時の私は、ゴルフにもよく行ってはいたが、それを「趣味」としてあげるつもりはなかった。

読書もまあまあ途切らせることなく続けている方だと思うが、やはり「趣味」と呼ぶのには抵抗がある。

そもそも「趣味」で本を読んでいるつもりはないからだ。

 

というわけで、あれこれ考えて、「飲酒」と書いたことはあった。

ずっとお酒は好きで、晩酌を欠かしたことはなかった。

お酒だったら「趣味」と公言することに抵抗はなかったのである。

酒量は多少減ってきたものの、酒だけは途切れることなく嗜んできたのである。

 

ところが、4,5年前のことだが、お酒を飲んでいて、ひどく気分が悪くなったことがあった。

それは、飲み過ぎて気持ちが悪くなった、といった類のものではなかった。

 

目がかすみ、冷汗が出て、心臓が締め付けられるような気分がして、ひっくり返ってしまったのである。

しばらく安静にしていたらおさまったが、それっきりお酒があまりおいしくなくなった。

 

その後もお酒の席で、2度ほど同じような気分の悪さに襲われた。

そうしていよいよお酒がおいしくなくなったのである。

 

というけいいがあって、それまでほぼ毎晩続けていた晩酌をやめてしまった。

お酒をお飲まなくても、普通に眠れることも確認できたので、必需品ではなくなったのである。

 

もちろん、今でも懇親会やちょっとした酒の席という奴には、ちゃんとつき合っている。

しかし、それ以上に進んで飲むことは、昔に比べて極端に少なくなったのである。

 

 

これまでの記事

「読書」は私に何をもたらしたか―マイナスに始まるプラスとマイナス、トータルはプラスか?―Ⅲ(おしまい)

「読書」は私に何をもたらしたか―マイナスに始まるプラスとマイナス、トータルはプラスか?―Ⅱ

「読書」は私に何をもたらしたか―マイナスに始まるプラスとマイナス、トータルはプラスか?―Ⅰ

対内的なマネジメントと対外的な「情報発信」の二つが必要―社長が二足の草鞋(わらじ)を履く理由―Ⅲ(おしまい)

未来に向かった専用のコンサルティングが必要―社長が二足の草鞋(わらじ)を履く理由―Ⅱ

コンサルティングは未来に対するアプローチ―社長が二足の草鞋(わらじ)を履く理由―Ⅰ

ボトムアップパワーの衝撃―風通しの良い組織こそ21世紀のあるべき企業像では?―Ⅲ(おしまい)

ボトムアップパワーの衝撃―風通しの良い組織こそ21世紀のあるべき企業像では?―Ⅱ

ボトムアップパワーの衝撃―風通しの良い組織こそ21世紀のあるべき企業像では?―Ⅰ