海江田経営会計事務所 | 南九州【鹿児島・宮崎・熊本】の企業を応援します海江田経営会計事務所 南九州の企業を応援します

ブログ

所長ブログ

最新の記事

しっかりとした体形をキープしながら「自分のスタイル」を手に入れる―ここ間違うといっぺんにダサくなる・・サイジングという魔物―Ⅵ

昔のシルエットのまま着続けていると、かなりダサく見えてしまうという、ファッション業界の戦略的な仕掛け・・・

これがあるために、同じ服を大事に長く着るという習慣が、特に若い人を中心に消えつつあるのではないか。

 

ファストファッション全盛になった背景には、こういった時代の流れがあるのだろう。

しかし、おじさんはファストファッションでしょっちゅう着るものを買い替えるわけにはいかない。

いい年して、そういう消費スタイルというのもなんだかなあ・・・・と思ってしまう。

 

でもそれを怠っていると、女性軍に「ダサい!」とか文句を言われるしなあ・・・

そんな難しい立場の中でもおじさんは、なんとか自己防衛する方法、というのを考えなければならないだろう。

 

そこで、今回の主旨とは少し離れるが、おじさんといえども体形を保つというのは大事な要素かも知れない、と思った。

着るものがルーズになろうがタイトになろうが、その中に納まるガタイは良いに越したことはない。(ルーズなシルエットの方が楽ではあるが・・・)

 

思うに、男性、特におじさんになったからには、服のサイズというのは自分の身体に適度にしかしキチンと合っていて、プラス少しゆとりがあるくらいがいい。

若いファッション好きの男の子のように、極端にルーズだったりピタピタだったりするものは似合わないし、逆に悲しくも滑稽である。

 

自分の身体にキチンと合って・・・というのが進むと、究極オーダーということになるのかも知れない。

最近はお手軽でチープなオーダーもあるようだが、そっちへ行ってしまっては、今までとあまり変わらなくなる。

 

おじさんは、流行に左右されるファッション、ではなく「自分のスタイル」というものを手に入れる必要があるのだ。

それと、いちいちサイズとの戦いに明け暮れることのないように、しっかりした体形を手に入れ、それをキープする必要もある。

    寒かったので着ぶくれ(?)しております、なんちゃって・・・・

 

つづく

 

 

これまでの記事

男の場合、流行遅れ!と、最も目立つのはパンツ―ここ間違うといっぺんにダサくなる・・サイジングという魔物―Ⅴ

ファッション業界が仕掛ける厄介な問題、 それは「シルエット」―ここ間違うといっぺんにダサくなる・・サイジングという魔物―Ⅳ

女子たちが最も気にするのはデザインでも色でもなく サイズである―ここ間違うといっぺんにダサくなる・・サイジングという魔物―Ⅲ

バリエーションがないのが男のファッション―ここ間違うといっぺんにダサくなる・・サイジングという魔物―Ⅱ

男は総じて流行やファッションには無頓着―ここ間違うといっぺんにダサくなる・・サイジングという魔物―Ⅰ

「想像力」を働かせ「創造力」を駆使して作り上げてきた世界―経営者のもつ知識と想像力が時代を変える―Ⅴ

想像力を働かせた提案を様々な形で「情報発信」しては?―経営者のもつ知識と想像力が時代を変える―Ⅳ

『知識=限定的』であり『想像力=無限的』である―経営者のもつ知識と想像力が時代を変える―Ⅲ

専門的な知識を更に応用したレベルが求められる―経営者のもつ知識と想像力が時代を変える―Ⅱ