海江田経営会計事務所 | 南九州【鹿児島・宮崎・熊本】の企業を応援します海江田経営会計事務所 南九州の企業を応援します

ブログ

所長ブログ

最新の記事

コート、コート、コート・・・・コートについて思い出すこと22

正月あ明け、昼間っから1杯やるために、新宿伊勢丹のスタンドバー「サロンドシマジ」に向かった私。

真っ最中のバーゲンセールなどには目もくれず、バーにたどり着くはずだった・・・・

 

が、その日は5階まで上がったところで、あのコートのことが頭をよぎった

5階にはアクアスキュータムの売り場がある。

あのコートに袖を通した売り場である。

そういえば、あのとき接客してくれたOさんも落ち着いた佇まいのきれいな女性だったなあ・・(どーでもいいですね、そんなこと)

 

あのコート、まあ、本当は気にはなっていたのだが、どうせ無理なんだから、と、忘れようと心掛けていたのだ。

しかし、誘惑には勝てなかった。

5階でエスカレーターを降りた私は、アクアスキュータムの売り場に向かう。

 

そぉーっと覗くと、たまたまOさんが売り場にいた。

「あのう、以前ここで見せていただいたスエードのコートですが・・・」

「ああ、あのときの・・・」

Oさんは私のことを覚えていたようだ。

 

未練がましく伊勢丹のアクアスキュータムの売り場に立ち寄った私。

以前も接客してくれたOさんに

「あのコート、もうありませんよねー・・・」

と、『あって欲しい』という気持ちと『売れてりゃあ諦めもつく』という気持ちがないまぜになって、なんとも歯切れの悪い聞き方で確かめてみる。

 

するとOさんは、その美しい笑顔をほころばせながら、

「いえ、確か1着残っておりましたよ。持ってまいりましょうか。」

『げっ、まだあったのか。あれだけの逸品、もうとっくに売り切れていると思ったが・・・・』

私は心の中で、『売れてりゃあ諦めもつく』という選択肢が消え去ったことを自覚させられる。

 

『でも、1着しか残っていないということは、サイズが合わない可能性も高いし、まあ、無理なんじゃないの。』

と、まだ諦めの悪い独り言を、私は心の中で繰り返していた。

そうすると、Oさんが件のコートを抱えて売り場に戻ってきた。

 

透明のカバーに大事に包まれたそれは、私の目の前で取り出され、Oさんが

ちょうどいいサイズだと思うのですが、さ、どうぞ。」

と後ろから着せ掛けてくれる。

こうなるともう抗うことはできない。

大人しく彼女のエスコートをいただいて袖を通す。

 

そうやって袖を通し、しっかりと羽織って、鏡の前に立つ。

薄目をあけるように『サイズは・・・・・?!?』と、恐る恐る確かめようとする私・・・・

すると

「ぴったりですね。」

まるで最後の裁定を下す女裁判長のように、彼女の声が耳に入った。

 

     実にシンプルなコートなんですが・・・・

 

つづく 

これまでの記事

コート、コート、コート・・・・コートについて思い出すこと21

コート、コート、コート・・・・コートについて思い出すこと20

コート、コート、コート・・・・コートについて思い出すこと19

コート、コート、コート・・・・コートについて思い出すこと18

コート、コート、コート・・・・コートについて思い出すこと17

コート、コート、コート・・・・コートについて思い出すこと16

コート、コート、コート・・・・コートについて思い出すこと15

コート、コート、コート・・・・コートについて思い出すこと14

コート、コート、コート・・・・コートについて思い出すこと13