海江田経営会計事務所 | 南九州【鹿児島・宮崎・熊本】の企業を応援します海江田経営会計事務所 南九州の企業を応援します

ブログ

所長ブログ

最新の記事

ロイヤルオックスフォードのピンポイントオックスフォードがあれば・・―コラボBD(ボタンダウン)シャツのご案内―Ⅲ(おまけ)

BDシャツ番外編

前回までBDシャツに触れましたので、ついでにその思い出について少し・・・

 

初めてBDシャツを手にしたのは、おそらく高校生の頃だろうと思います。

ですから、もう50年以上昔の話です。

 

ブランドはもちろん言わずと知れた「VAN」ということになりますな。

「VAN」は一度倒産したものの、今でも存在しています。

 

昨年、久しぶりに「VAN」のスタジャンを買いました。

こいつを着て出かけるときは、またアップしたいと思います。

 

さて、BDシャツのお話。

私にとってBDシャツの定番中の定番は白ではなくてブルーということになります。

ブルーのBDシャツは、その究極の1枚を探し続けている、という点において、ブルージーンと並んで、ある意味、私の永遠のテーマでもあります。

 

素材はもちろんオックスフォード

ドレスシャツ定番のブロードと違ってややざっくりとした織りになっています。

 

とはいえ、この年になると、オックスフォードのざっくり感は重たく感じるようになりました。

さばきも、軽やかにいかないような気がします。

なので、近年は同じオックスフォードでも、もっと繊細なピンポイントオックスフォードが好みです。

 

先述のように、オックスフォードはざっくりとした感触なのですが、その中でも、素材の品質が高く、光沢のあるものを「ロイヤルオックスフォード」と呼んでいるようです。

両者の間の線引きがどこにあるのかはよくわかりません。

クラス感の違いといった、曖昧なものなのかも知れないな、と思います。

 

ということは、私にとってロイヤルオックスフォードのピンポイントオックスフォードという生地があれば最高なのですが、まだお目にかかったことはありません。

まあ、そんな風にわざわざうたわなくても、高品質のピンポイントオックスフォードであれば、おのずとそれなのかも知れませんが。

 

こうやって、BDシャツについて書き始めれば、きりがないくらい書けそうです。

そのうち、一度整理して書くかも知れませんが、今回はここまでということで。

 

       これはダンガリーのBDシャツ。気の置けない仲間の集まりなので(*^^)v

おしまい

 

これまでの記事

着て出かけました(*^^)v―コラボBD(ボタンダウン)シャツのご案内―Ⅱ

涙の懐かしディテール満載―コラボBD(ボタンダウン)シャツのご案内―Ⅰ

「情報発信(アウトプット)」は「創造的な行為」―インプットとアウトプットのタイムラグ及び効果の違いについて―Ⅳ(おしまい)

「付加価値」を伝えてブランド力を手に入れる―インプットとアウトプットのタイムラグ及び効果の違いについて―Ⅲ

発信する情報は極めて主観的かつ強い独自性を持つ―インプットとアウトプットのタイムラグ及び効果の違いについて―Ⅱ

世の中、インプット一辺倒という人の方がはるかに多い―インプットとアウトプットのタイムラグ及び効果の違いについて―Ⅰ

たかがズボンされどズボン―メンズファッション果つるところ?!?「選べないっ!」という現実に直面した日―Ⅳ(おしまい)

ぼくはお洒落ではないけれど・・・―メンズファッション果つるところ?!?「選べないっ!」という現実に直面した日―Ⅲ

ズボンがびしょびしょ!!―メンズファッション果つるところ?!?「選べないっ!」という現実に直面した日―Ⅱ